究極の意識状態トランス状態(ゾーン)の入り方

近年、漫画やアニメの影響もあって耳にすることが多くなったトランス状態やゾーンといった言葉。
トランス状態やゾーンに入ってみたい、経験してみたい、と思うことはあっても、実際にトランス状態やゾーンを経験したことがある人は、ほとんどいないでしょう。

しかし、確立された方法論によって、自分の意思でトランス状態やゾーンに入ることができるとすればどうでしょう?
是非ともやってみたい、と思いませんか?

ということで、今回の記事ではトランス状態やゾーンに入るための方法を解説します。
当記事を参考に、是非あなたも究極の意識状態と呼ばれるトランス状態、ゾーンを経験してみてください!

そもそもトランス状態やゾーンってなに?

トランス状態やゾーンと呼ばれる状態は、意識が「潜在意識」と「顕在意識」のちょうど中間地点にある状態のことを表す言葉です。
例えるならば、催眠術にかかっている人の状態や、お酒を飲んで酔っ払っている状態、眠りに落ちる間際の夢と現実が混じり合うような感覚、これらがトランス状態に近い状態です。

トランス状態やゾーンに入ることに成功すれば、現実的で保守的な考え方から開放されて、潜在意識が表出し、高い集中力とアグレッシブな思考を保つことができます。

トランス状態やゾーンに入るためには、厳しい修行や命の危機を感じるようなシチュエーションに身を置くことが必要だ、というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか?
実際はそんなことはなく、安全にトランス状態やゾーンに入ることを実現可能です。

トランス状態・ゾーンに入る方法とは?

きちんした方法論による手順を正しく実行することで、安全にトランス状態・ゾーンに入ることが可能です。
実行するSTEPは、3つあります。

STEP①:瞑想をして精神を整える
STEP②:催眠導入音楽をかける
STEP③:自己催眠によってトランス状態・ゾーンに導く

上記のSTEPを正しく実行することによって、誰でもトランス状態やゾーンに入ることができるのです。

STEP①:瞑想をして精神を整える

瞑想を行う際には、場所選びが非常にたいせつになります。
静かで自分が一番落ち着く明るさの場所を用意しましょう。
温度も自分にとって心地よい、暑すぎも寒すぎもしない状態が望ましいです。

そんな場所を選んだら、自分が最もリラックスできる体勢をとってください。
目を閉じてゆっくりと呼吸します。そのまま心を落ち着かせて、「何も考えない」ようにしてください。

あとはその状態を10分程度維持してみてください。
予めアラームなどをセットしておくと良いでしょう。

このような瞑想を、できれば毎日繰り返して、瞑想に慣れてみてください。
瞑想が苦痛ではなく、自分にとって必須のルーティーンとなれば、STEP②に進む準備はOKです。

STEP②:瞑想をして精神を整える

瞑想が習慣化し、自然に瞑想を行えるようになったら、催眠導入音楽をかけながら瞑想をしてみましょう。
今まで静かな場所で瞑想を行っていたのが、急に音楽を流しながら行うことになると、最初は戸惑うかと思います。
音楽は小さな音量で良いので、催眠導入音楽を流しながらの瞑想に慣れてみてください。

催眠導入音楽を流しながらの瞑想に慣れてくると、音楽が聞こえているけれど意識して聞いてはいない、と言うような状態になるかと思います。

そこまでできれば、トランス状態やゾーンに入るためのSTEP②も完了です。

STEP③:自己催眠によってトランス状態・ゾーンに導く

最後のSTEPは、自己催眠です。
自己催眠と言っても何も難しいことをするわけではなく、催眠導入音楽をかけながら瞑想をおこない、雑念が消えてからしばらく経ったタイミングで、「自分はトランス状態になっている」「自分は今ゾーンに入っている」と思いこむのです。

最初はうまくいかないことの方が多いでしょうが、感覚を掴むと「ストン」と自分がトランス状態に入っている、ゾーンに入っている、ということに納得感を感じるようになります。
まずはその状態で、瞑想を続けると良いでしょう。
トランス状態・ゾーンに入ることに慣れてきたら、そのままゆっくりと目を開けて、少しずつ動いてみましょう。

そうして徐々にできることを増やしていけば、トランス状態やゾーンに入ったままで行動することができるようになります。

究極の意識状態トランス状態(ゾーン)の入り方まとめ

今回の記事では、究極の精神状態だと言われているトランス状態・ゾーンに入る方法をご紹介しました。

一般的には難しく考えられがちなトランス状態・ゾーンですが、正しい手順を根気よく続ければ、誰でも実現可能です。
トランス状態・ゾーンに入ることができれば、普段はできないようなアグレッシブな思考を手に入れることができます。

また、CBDを摂取してから手順を行うことで、トランス状態やゾーンに入りやすくなる、と考える人もいるようです。
当サイトでは、CBDについても様々な記事を掲載しているので、是非CBDについても読んでみてくださいね。